株式会社SHIFT

0120-142-117
成長プロダクトの必須条件~自動化でつくる攻めの品質保証基盤~
日程

2021 6 30 日(水)

開催方式

オンラインセミナーシステムにて開催

※お申し込みいただいた方に参加登録URLをご案内いたします

時間

60分

セミナー概要

サービスの成長、いわゆるプロダクトライフサイクルの戦略検討に必要な要素の一つとして「品質保証」があげられます。
プロダクトライフサイクルでいう「成長期」に効率的にサービスを磨いてユーザー獲得を行い、「成熟期」に最大限の利益を得る、これを戦略どおりに進めるためにはサービスの「品質保証基盤の構築」が重要です。

では、なぜプロダクトの成長において品質が重要なのでしょうか?
SHIFTは業界最大手の立場からあらゆる開発手法・業界の開発プロセスに携わってきました。そのなかで、成長期におけるプロダクトが成功するための必須条件として、早期での“品質保証基盤の構築”があげられることを実感しています。
そのなかでも特に“テスト自動化”を導入することが、プロダクトの収益最大化にもっとも寄与するものとSHIFTは考えています。

そこで、今回はプロダクトの成長において必要な品質保証の考え方を弊社の経験豊富なコンサルタントからご説明させていただきつつ、具体的にテスト自動化をプロダクトの成長へどうつなげるのか、またその最大のメリットとは何か、を事例を交えてお話しさせていただきます。

<こんな方にオススメ>
・ソフトウェア開発の責任者の方
・ソフトウェア開発に携わっている開発者の方
・プロダクトマネージャー、プロダクトオーナー

タイムスケジュール

15:50~

入室開始

16:00~16:05

開演・ご挨拶

16:05~16:40

講演スタート

第1セッション

「プロダクトの成長にインパクト 攻めの品質保証~テスト自動化~」

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
事業推進グループ グループ長
纐纈 望

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
事業推進グループ
酒井 一匡

■登壇内容■
プロダクトの成長期は、さまざまな機能が新たに追加されたり、既存機能のチューニングが必要になるなど、膨大なタスクが発生します。そんななか、事前に対策もなく十分な品質保証を行うことができるでしょうか?
膨大なタスクに忙殺され、品質に対する懸念があるままリリースを迎えてしまっては、ユーザーに求められるプロダクトを届けることなどできません。
さらに昨今では、リリースサイクルの高速化、機能要件の複雑化、大規模化が進んでおり、この対応も必須要件となっています。
そんな複雑化する課題の解決策、およびユーザー価値の向上、プロダクトの成長に寄与する手法として、SHIFTでは「プロダクトの成長期におけるテスト自動化の導入」を推奨しています。
当セッションでは、具体的にテスト自動化をプロダクトの成長へとどうつなげるのか、またその最大のメリットとは何か、を事例を交えてお話しさせていただきます。

16:40~17:00
第2セッション

「~百戦錬磨のプロに聞く~サービスを成長させる品質保証基盤はこうつくれ!」

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
事業推進グループ グループ長
纐纈 望

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
事業推進グループ
酒井 一匡

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
第1ビジネスユニット ビジネスユニット長
清信 圭太

モデレータ:
株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
第1ビジネスユニット グループ長
櫻井 巧

■登壇内容■
テスト自動化の導入を経験してきた百戦錬磨の有識者が「自動化の実現方法」について体験談をもとにディスカッションをしていきます。
今回のテーマである「プロダクトの成長にどう繋げていくか」についての現場視点でのお話や自動化を検討するベストなタイミング、想定しておくべき課題、コストメリットなど、テスト自動化の導入検討に必要となる情報を具体的なイメージとしてもち帰っていただくことを意識しながらディスカッションをしていきます。

17:00

終了

登壇者紹介

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
事業推進グループ グループ長

写真

纐纈 望

■経歴■
大学卒業後、独立系IT企業に入社し、組込、Web、基幹システムの開発に従事。プログラマーからシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーを経験。
2018年SHIFTに入社。主にtoC向け事業会社の社内QA組織構築や品質ガイドライン策定、品質改善などのコンサルティング業を中心に従事。
同年より事業推進グループ長(元プリセールスグループ長)として、品質コンサルティング業務をソリューションとして提供する組織を立ち上げ、活躍フィールドを広げる。

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
事業推進グループ

写真

酒井 一匡

■経歴■
ヤフー株式会社に新卒で入社し、新規サービス事業・予約系事業のエンジニアリング・プロジェクトマネジメントの業務に従事。その後、株式会社エアトリに転職し、開発リーダーとして組織横断自走型チームの立ち上げ活動や旅行Webサービスのプロジェクトマネジメントに従事。また同社において、プロダクトマネージャーとして旅行事業のアプリ売上最大化の実現へ向けてのプロダクトマネジメントも行い、前年比約300%の売上向上に貢献。
その後、2020年にSHIFTに入社。SHIFTでは主にプロダクトやプロジェクトに関わる課題をもつ事業会社へ向けてのコンサルティング活動、プロジェクトマネジメント支援活動、プロダクトマネジメント支援活動に従事。

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
第1ビジネスユニット ビジネスユニット長

写真

清信 圭太

■経歴■
基幹システム開発やアプリ開発を経て、2012年にSHIFT入社。Web系、Game系、Package系、IoT系と多種多様なプロジェクトの新規参画・立ち上げを経験。
新規サービスの立ち上げや組織づくり、若手育成を実施。現在はコアテクノロジー第1ビジネスユニット長として150名の組織を統率。

株式会社SHIFT
ビジネストランスフォーメーション事業本部 コアテクノロジー統轄部
第1ビジネスユニット グループ長

写真

櫻井 巧

■経歴■
Webサービスの仕様検討、QA業務、開発ベンダーコントロールに長く従事。QA業務においてはテスターから新規チーム立ち上げなどさまざまなロールで経験を積む。2017年SHIFTに参画。SHIFTではスタートアップ企業や新規事業サービスの品質保証に携わり数多くの企業のサービス成長に貢献。